オイル選びのポイント

オイル選びのポイント

シンティアムシリーズはフォーミュラー1での経験を生かし、ペトロナス社独自の技術を駆使して開発した高性能次世代エンジンオイルです。最新の自動車潤滑油技術を用い、ターボエンジンやマルチバルブエンジンを搭載した高性能エンジンの性能を最大限発揮できるよう開発されています。そしてあなたの愛車に最適なエンジンオイルをお選びいただけるように、5つの製品をご用意致しました。愛車のエンジンの状態、走行環境に合わせて最も適したアイテムをお選び下さい。

エンジンオイルの役割

エンジンは金属部品で構成され、燃焼室では爆発を伴い習動部は高速で常に可動しています。エンジンオイルはこのような過酷な条件下のエンジン内部を保護する為に様々な役割があります。

1. 潤滑
 滑りを良くします。高速で可動するエンジンの各部をオイルが包み込み、摩擦による抵抗を最小限に抑えます。

2. 冷却
 冷やします。エンジン内部は燃料の燃焼や摩擦によって非常に高温になります。
 この熱をオイルの循環によって取り除きます。

3. 清浄分散
 掃除します。燃料の燃焼に伴い発生するスス、スラッジ等を吸収することでエンジン内部を常にクリーンに保ちます。

4. 密封
 圧力を逃がしません。ピストンとシリンダーとの隙間にオイルが入り込み、混合気の圧縮効率を高め、
 燃焼エネルギーのロスを減らして出力低下を防ぎます。

5. 防錆
 錆を防ぎます。水分や空気など錆を生む原因となる成分を、金属表面に触れさせないよう油膜を形成し、
 エンジン内部の錆の発生を防止します。

eng

エンジンオイルの規格

エンジンオイルを選ぶ際には愛車のエンジン特徴や、季節、走行条件にマッチしたオイルを選ぶ基準となる様々な規格があります。

API規格(米国石油協会)
sae

オイルの品質を表した規格で日本はもとより世界各国で広く使用されています。 ガソリンエンジン用はSではじまり、SAからSMまで分類され、現在の最高規格はSMです。ディーゼルエンジン用はCではじまり、CAからCI-4まで分類されます。日本国内での最高規格はCF-4です。

ILSAC規格(潤滑油国際規格及び認定委員会規格)
gas

アメリカ・日本の両自動車工業会で組織された機関により認定される省燃費規格。現在ILSACの最高規格はGF-4で、この規格を取得するにはオイルの省燃費性と初期性能を維持する耐久性を要求されます。

ACEA規格(ヨーロッパ自動車工業会規格)
acea

ヨーロッパの全ての自動車メーカー及びGM・フォードと石油メーカー、消費者の代表により組織された協会が定めた品質規格です。APIとは異なる独自の試験項目を設定し、耐久性・省燃費性・環境性を高いレベルでクリアすることを要求されます。A1からA5はガソリンエンジン用規格でB1からB5はディーゼルエンジン用であることを表します。

SAE粘度番号(米国自動車技術者協会)
nen

オイルの粘度(粘り)を表した規格です。愛車での使用条件に合う適正な粘度を選ぶ必要があります。

nendo