topics

モータースポーツ

「SYNTIUM LMcorsa RCF GT3」#60号車 SGT Round 7 MOTEGI 300km

SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 #60号車
SGT Round 7 MOTEGI 300km
 
ドライバー
吉本 大樹 選手
河野 駿佑 選手
 
 年間8 戦のシリーズで競われている「2020AUTOBACS SUPER GT」は、第6 戦の鈴鹿サーキットラウンドが10 月末に開催され、残すところ2 戦と佳境を迎えている。
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて7 月に開幕したSUPER GT は4ヶ月の間に6 戦を実施し、第7 戦となる「FUJIMAKI GROUP MOTEGI GT 300km RACE」の公式練習と予選が11 月7 日(土)に、300km の決勝レースが8日(日)にツインリンクもてぎで実施される。
2015 年からLEXUS RC F GT3 でSUPER GT に参戦しているLMcorsa は、マシンの開発期間となった2 年目までは苦戦を強いられたが3 年目以降はコンスタントにポイントを獲得し、昨シーズンには優勝も飾っている。だが、今シーズンは新たに使用しているタイヤとのマッチングに苦労し、開幕から6 戦ノーポイントと厳しい戦いを続けている。それでも、前戦の鈴鹿サーキットラウンドでは終盤までポイント圏内を走行し、浮上する切っ掛けを掴むことはできた。そのため残りの2 戦で挽回することを目標に、第7戦に挑むこととなった。
 
予選:28位
11 時前に公式練習は終了し、その後は併催されているカテゴリーの決勝レースを挟み13 時30 分からGT300 クラスの予選Q1 が実施された。今シーズンのGT300 クラスの予選は、全戦で出走マシンが二組に分割される予選方式を採用していて、LMcorsa はA 組に振り分けられた。
 公式練習のスタート時には気温が12℃と冷え込んでいたツインリンクもてぎだが、予選開始時には気温が19℃、路面温度が24℃まで上がった。公式練習ではグリップ不足によってタイムが伸びなかったSYNTIUM LMcorsa RC F GT3。セットアップを変更することでの上積みは少ないと判断し、少しでもタイムアップが図れるようにとブレーキパッドの変更で状況の改善を図った。予選Q1を担当した吉本選手は、インラップから3 周目までをウォームアップに充てて、4 周目からアタックを開始する。セクター1 から最後のセクター4まで公式練習で記録したタイムを上回り、最終的に約1 秒更新する1 分48 秒663 をマーク。翌周もアタックを続けるが1 分48 秒883 とタイムを更新することはできず、6 周目にピットロードへマシンを進めた。公式練習よりタイムを縮めたが、それ
でもライバル勢には太刀打ちできず、クラス14 番手となり予選Q2 進出を逃した。決勝レースは今シーズンワーストとなる28 番手からのスタートとなる。
 

 
決勝:12位
 8 日の決勝レース日は、併催カテゴリーの決勝レースが9 時から実施され、その後にドライバーアピアランス、ウォームアップ走行とスケジュールは進んだ。ウォームアップ走行では吉本大樹選手と河野駿佑選手の2 人のドライバーがSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 に乗り込み、8 周を走行し決勝レース前の最終確認を行なった。
 決勝レースを前に、チームは予選や公式練習で使用したタイヤだとライバル勢に遅れをとることが明らかで、厳しい戦いになることが予想された。そのためバックアップとして用意していたタイヤを選択することを決断する。SUPER GT は各レースで使用できるタイヤは6 セットと決められていて、そのタイヤは公式練習前にマーキングされる。バックアップ用はマーキングされていないため、このタイヤを装着して戦うにはピットからのスタートが必要となった。
300km の決勝レースは予定通りの13 時にフォーメーションラップが始まる。ピットレーン出口でスタートを待つ吉本選手が乗り込んだSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 は、全車がホームストレートを通過した後にコースへ向かった。GT300 クラスの最後尾から10 秒ほどの遅れでコースに入った吉本選手は、すぐに後方集団に追いつき順位を上げていく。オープニングラップを28 番手で終えると5 周目には25 番手、10 周目には23 番手と、予選の不振が嘘のように中団グループのマシンと互角の戦いを見せる。10 周を過ぎてもラップタイムの落ち込みは少なく15 周目には20 番手まで浮上。レースの1 / 3 を消化する19周目になると規定されているドライバー交代のためにピットに戻るマシンが出始める。先行するマシンがピット作業を行なった影響で、20 周目には15 番手まで順位を上げる。このタイミングでさらに上位を狙った吉本選手だが、コースサイドにマ
シンが止まったために22 周目にセーフティカーが導入されてしまう。27 周目にレースは再開すると、吉本選手はピットインのロスタイムを最小限に抑えるためピットに戻る。河野選手にドライバー交代し、4 本のタイヤ交換と給油を実施したSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 は16 番手でコースに復帰する。
 後半のスティントを担当した河野選手は、32 周目に自己ベストタイムとなる1 分49 秒829 をマークし先行するマシンを追った。GT300 クラスのマシンの中でもトップ5 に入るラップタイムで走行する河野選手は、ポイント圏内を争う集団に追いつきパッシングの機会を伺う。38 周目には13 番手となり、10 番手のマシンから5 秒ほどのギャップで熾烈なポジション争いを行なった。
40 周を超えてもラップタイムは大きく落ちることなく周回し、トップ10 圏内へあと一歩の位置で最終盤を迎える。54 周目には12 番手に浮上し、10 番手まで2.5 秒差へと詰めていく。拮抗した状態は59 周目のファイナルラップまで続き、後続からのプレッシャーを受けながらも河野選手は12位でチェッカー。2 人のドライバー、チームともにミスなく猛烈な追い上げを見せたが、ポイント圏内まであと一歩のところで惜しくもゴールとなった。