topics

モータースポーツ

「SYNTIUM LMcorsa RCF GT3」#60号車 SGT Round 5 FUJI 300km

SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 #60号車
SGT Round 5 FUJI 300km
 
ドライバー
吉本 大樹 選手
河野 駿佑 選手
 
年間8 戦のシリーズで競われる「2020AUTOBACS SUPER GT」は、新型コロナウイル
スの感染拡大の影響で変則的なスケジュールと使用サーキットが富士スピードウェイと鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎの3 ヶ所と、こちらも特異な開催となった。シリーズ戦は、すでに前戦の鈴鹿サーキットラウンドで4 戦を終了していて、今戦から後半戦へ入ることになる。
 RC F GT3 で6 年目のシーズンを戦っているLMcorsa は、昨シーズンと使用するタイヤメーカーが変ったことによって苦戦を強いられている。前回の第4 戦ツインリンクもてぎ大会は、決勝レースで追い上げてポイント獲得まであと一歩の12 位となったが、これが今期のベストリザルトという状況が試練のシーズンを物語っている。
 シーズンが後半戦へと突入する第5 戦「たかのこのホテルFUJI GT300km RACE」は、10 月3 日(土)に公式練習と予選、4 日(日)に300km の決勝レースが実施される。開幕戦から第4戦までは、すべて無観客での開催となったが、今戦からは入場者数や観戦エリアの制限などはあるが、有観客としてレースを実施することとなった。
 また今戦からFIA F4 のサポートも併催されることとなり、徐々に本来のSUPER GT の様相を取り戻してきている。3 日の公式プログラムは9 時15 分から11 時5 分までの1 時間50 分に亘って行なわれた公式練習からスタート。路面状況はドライで気温が22℃で路面温度が30℃と、この時期らしい気候となった。
 
予選:24位
 公式練習終了から約3 時間のインターバルを経て予選Q1 がスタート。今戦もGT300 クラスはA 組とB 組の2 グループに分けて予選Q1 が開始された。SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 はB 組に振り分けられていて、14 台中上位8 台が予選Q2 へ進出することになる。予選Q1 を担当したのは河野選手で、第3 戦の鈴鹿サーキットラウンド以来の予選アタックとなった。河野選手は、インラップと計測1 周目、2 周目でウォームアップを終わらせると、計測3 周目からアタックに入る。セクター2 でややタイムロスがあったが1 分38 秒148 をマークする。だが、このタイムだと予選Q2 への進出は難しく、翌周もアタックを続ける。計測4 周目はセクター2 で前のラップより0.4 秒アップさせたが、最終セクターが伸びず1 分38 秒072 とわずかなタイムアップに留まる。計測5 周目もアタックを行なったが1 分38 秒081 でタイム更新はならず。
結果としてB 組の12 番手で、予選Q2 への進出を逃した。
 決勝レースは24 番手からのスタートと厳しい状況だが、チェッカーを受けるまでチームが一体となり少しでの上位のポジションを目指していく。
 

 
決勝:22位
300km の決勝レースは予定通りの13 時30 分にフォーメーションラップが始まる。24 番手スタートのSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 のコクピットに収まったのは河野選手で、初のスタートドライバーを務めることとなった。決勝レースは、オープニングラップの1 コーナーでGT500 クラスのマシンが接触するアクシデントがあり、1周目からセーフティカーが導入される波乱の幕開けとなった。レースは5 周目に再開され、河野選
手は24 番手から追い上げを図る。リスタート後にペースに勝る後続のマシンに抜かるが、9 周目にはベストラップとなる1 分39 秒348 をマークし、10 周目には1 台をパス。17 周目までスタートの順位をキープすると、18 周目から徐々に規定されているドライバー交代のために上位のマシンがピットイン。先行しているマシンがピットに戻ったために20 周目には20 番手、15 周目には10 番手まで順位を上げ、28 周目に河野選手はピットロードに向かった。ピットでは4 本のタイヤ交換と給油を行なうとともに吉本選手にドライバーチェンジして再びコースに復帰。ピットストップの時間は同様の作業を実施したチームよりも短く、今回もチームはミスなくSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 をコースに送り出した。
 ピット作業時間を短縮したものの順位は大きく変わらず、吉本選手は26 番手から先行車を追うこととなる。序盤は1 分39 秒台のラップタイムで走行し、33 周目、39 周目、40 周目に1 台ずつをパスして21 番手まで浮上するが、40 周目を超えるとラップタイムが落ち始める。SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 の後方にはパッシングした
はずのマシンが近づき、抜き返されてしまう。ペースが落ちるなかでも巧みなライン取りでポジションを守るが、終盤の56 周目に22 番となり61 周目にそのままの22 位でチェッカーを受けた。