topics

モータースポーツ

「KEIHIN NSX-GT」#17号車 SGT Round 8 MOTEGI 250km

KEIHIN NSX-GT #17号車
SGT 8 MOTEGI 250 Km
 
ドライバー
塚越 広大選手
小暮 卓史選手
 
予選:5位
オンタイムでスタートした予選Q1は小暮が担当する。1アタックギリギリのタイミングでコースに入り精神を研ぎ澄ます。続々と他マシンがタイムを更新する中、最後の最後で1’36.716のタイムを出し、見事5位で通過した。続くQ2は塚越が担当する。塚越はポールポジションを狙うべく、更にアタックギリギリのタイミングを狙い残り時間6分10秒でピットアウトする。完璧なアタックを魅せるも僅差で5番手タイムとなり、決勝レースは5番グリッドからのスタートなった。
 

 
決勝:15位
スタートドライバーは小暮。1周のパレードラップ、1周のフォーメーションラップの後、今シーズン最後となる53周の決勝レースがスタートした。スタート直後#1に2コーナーでパスされてしまい、ポジションを一つ落としてしまう。更にその後ボンネットが浮いているとの無線が入り、予定外のピットインをすることとなった。フィンを付け直し再度コースに復帰するも15番手まで順位を落としてしまう。その後5周目に1’39.588のベストタイムを更新しながら走行を続ける。24周目にルーティンのピットインをし、ドライバー交代、ピット作業を行いコースに戻る。塚越も粘って周回を重ねるもポジションを上げることはできず15位でチェッカーを受けた。