topics

モータースポーツ

「BMW Team Studie」#81号車 #82号車 BLANCPAIN GT SERIES Asia Round 6 SUZUKA

Studie BMW #81号車 #82号車
BLANCPAIN GT SERIES Asia Round 6 SUZUKA
 

 
ドライバー
木下 隆之 選手
砂子 塾長 選手
浦田 健 選手
Max Chen 選手
 

 
決勝:81号車4位、82号車7位
前日の予選結果は砂子選手の81号車がトップ、Max 選手の82 号車が5 番手。ポールポジションとクラス5番グリッドの好位置からのスタートになった。
10:50フォーメーションラップ開始。隊列を率いたセーフティーカー(SC)がPIT ロードに向かうと、シグナルオールグリーンでレースがスタート。砂子選手はライバルを押さえ、トップでコントロールラインを通過。2番手・3番手のAMGと三つ巴のバトルがスタートしたが、直後にコースオフ車両が発生し、セーフティーカー(SC)が導入された。
レースは3周目に再開。前半は砂子選手・Max 選手ともにライバルの猛追を押さえ込み、ポジションをキープしながらレースをコントロールする展開になった。規定のPITタイミングが迫っていた9周目、シケインでクラッシュが発生。2台の事故車両回収のため、再びセーフティーカー(SC)が導入された。チームはPIT IN が可能になるPITウィンドウがオープンすると即座に砂子選手へPIT INをコール。81号車はライバルのAMG と同タイミングでPITへ戻ると、ドライバー交代と前戦の決勝1位に与えられる15秒のタイムハンデを消化。同じく10秒のタイムハンデを与えられていたAMGの後ろでコースへ戻った。Max選手の82号車は11周目にPIT IN。同じく前日の決勝結果に対して与えられた5秒のタイムハンデを消化すると、浦田選手のドライブでPIT を後にした。がしかし、この時SC がホームストレートに差し掛かかりPITレーン出口は封鎖中。82号車はこれによってポジションを落とし最後尾でコースへ復帰した。
12周目にセーフティーカーがPIT ロードへ向かい、レースは再開。2番手ポジションでコースに復帰していた81号車だったが、SC中の混乱した他車のPIT IN に翻弄され、全車が規定のPIT IN を終えた時には、そのポジションを6番手まで落としてしまった。木下選手と浦田選手は、その後SC中にギャップが開いてしまった前のマシンを猛追。
18周目から20周目まで再びSCが導入されるも、4番手・5番手マシンを射程内に収め、残り2分で1台をオーバーテイク。ファイナルラップにももう一台をオーバーテイクして、木下選手は4位、浦田選手は7 位でこのレースを終えた。