CoolTech(熱最適化技術)

PETRONAS SYNTlUMはCoolTech(熱最適化技術)により、オイルの流速を高め、エンジン内部の過度な熟の吸収・放出性を向上させエンジンパワーを最大限に引き出しながらエンジン内部の摩耗を減らす独自のテクノロジーです。

エンジン内部で形成された過度な温度上昇をコントロールすることによりCoolTechのPETRONAS SYNTlUMはトラブルフリーのドライブと最高のエンジンパフォーマンスを提供します。

過度なエンジン温度の上昇

常に存在するものそれはダッシュボードのメーターには現れるものではありません。しかし、それはエンジンの性能を損なうのみならず、他の問題も引き起こすのです。
多くのドライバーは、日々エンジンの内部で、エンジンの温度が上昇していることに気づいていません。
これは交通渋滞、傾斜が急な坂道の走行、高速道路での急加速といった現代特有の走行条件に起因するものです。
エンジン温度の上昇は天候に関係なく起こります。それは、オイルの劣化を加速させるのみならず、エンジン内の基幹部品の寿命を縮め、エンジンに深刻なダメージを与えかねません。

正しい潤滑油を選ぶことは、エンジン温度のを最適化し、エンジンヘのダメージを防ぐ上で極めて重要です。
PETRONAS SYNTlUMは、な温度上昇からエンジンを守り、最高のエンジンパフォーマンスを維持するため、CoolTechテクノロジーを採用しています。

CoolTech(熱最適化技術)のパフォーマンス

優れた摩耗軽減性

最新かつ最高水準のILSAC標準であるILSAC/GF-5との比較において、CoolTechを採用したPETRONAS SYNTIUMは72%もの摩耗度を軽減します。摩擦抵抗を抑える事により、エンジン内部の過度な発熱を抑制し、同時に各摺動部を摩耗から確実に保護します。

高い酸化安定性

100時間にわたりオイルの温度を150℃に維持した状態での酸化度について試験を行ったところ、CoolTechを採用したPETRONAS SYNTIUMは酸化抵抗率が62%優れていることを示しています。これにより粘度変化を抑制し、オイルの流動性が維持されることで工ンジン内部でのオイルの循環生能が長期間維持され、熟吸収と放熱性のバランスが保たれることになり常にエンジン温度を安定化させます。

堆積物の生成を抑制

オイルを150℃という高温の状態にし、100時間テストした結果、CoolTechを採用したPETRONAS SYNTIUMはSN規格合格基準値を大幅にクリア。これにより、スラッジなどの堆積を抑制し、エンジン内部を常にクリーンに保つ事でオイルの循環性能が長時間維持され、エンジン温度の最適化を可能にします。